40年以上の実績と信頼の、1972年創立のタチバナエンタープライズ。
「日本からのお客様に安心してツアーを楽しんでもらいたい」
「ハワイでのゴルフを満喫してもらいたい」
という思いをモットーにこれからも努めてまいります。

タチバナの歴史会社概要ゴルフ場を選ぶレンタルクラブについて

タチバナの歴史。ハワイと共に成長してきたタチバナの生い立ち

1964年 海外旅行の自由化
海外旅行が自由化され、観光の目的でも渡航が可能になりました。
しかし、渡航のたびに、一次旅券を申請しなければなりませんでした。
1970年 ハワイは日本人のあこがれ
数次旅券が発行されることにより、有効期間中なら何度でも海外に出られるようになりました。
ロート製薬提供日本航空協賛の「アップダウン・クイズ」(1963年放送開始)では
「10問正解して夢のハワイへ行きましょう!」
と日本のお茶の間にハワイを強烈にアピール。
1974年 タチバナエンタープライズの誕生
こういった背景の中、株式会社タチバナ・エンタープライズは設立されました。
まさに日本からの観光客が飛躍的に伸びようとしている幕開けの時代でした。
日本航空,パンアメリカン航空、ノースウエスト航空の3便の定期便が毎日のように日本から飛んできました。
創業当時から守られて来たタチバナ・エンタープライズのモットー
日本からのお客様に安心してツアーを楽しんでもらいたい!
ハワイでのゴルフを満喫してもらいたい!
ハワイでのゴルフの楽しみを広めたい!
誠実、信頼、安心
当時、日本でゴルフといえば会社の接待、ラウンド3~ 5万円ほどでした。
人気だったゴルフ場はマカハ・ウェスト、マカハ・イースト、パールカントリー、ハワイカイ、
ミリラニ、タートルベイなどで、それぞれ送迎付きパッケージで約80ドル前後で楽しめる時代でした。
1980年代
毎日、大型バス15台以上をシーライフパークやハナウマ湾に送っていました。
1980年、ハナウマ湾の自然保護規制が厳しくなりライセンス制になる以前は
ハナウマ湾ピクニックなども盛んに行われていました。
1988年
渡航ビザ免除プログラム施行
1989年
タチバナ取り扱いゴルフ人数1年間で10万人を突破!
1991年
バブル経済崩壊
1997年
日本人ハワイ渡航者数222万人到達
2001年
911同時テロ
2010年 タチバナエンタープライズ取り扱いゴルフ人数年間3万3千人
2011年、現在の傾向
日本からの毎日の到着者数は平均4千人台です。
日本航空,全日空,デルタ航空,ユナイテッド航空,ハワイアン航空など。

会社概要

社名タチバナエンタープライズ
社長渡辺 達夫
設立年月日1974年
従業員数95名(2017年1月付)
本社735 Iwilei Road #330 Honolulu Hawaii 96817 ≫ 地図
ウェブサイトhttp://www.tachibana.com
株主JTB ハワイ
旅行事業免許PUCライセンス(公共交通機関許可証)
社長からのご挨拶ハワイのナンバーワンゴルフ会社を目指し走り続け、今はギフトバスケットのデリバリーからレンタカーまで多岐にわたる事業を行っております。
信用をモットーにお客様の笑顔をエネルギーにしてこれからも走り続けます。
タチバナエンタープライズ
社長 渡辺 達夫
アクセス(地図)地図を見る
事業内容
  1. ゴルフ/オプショナルツアーの主催・販売
  2. ゴルフトーナメントの企画・運営
  3. ショッピング・その他オプショナルツアーの主催・販売
  4. ギフトバスケットの販売・配送
  5. ガイド派遣業
  6. 運輸事業
  7. テレフォン・アンサリング代行事業
  8. レンタカー予約手配代行事業
  9. お土産品卸売り事業
  10. 両替業
簡単で早いウェブ予約。こちらをクリックして予約カレンダーへ
電話、ファックスでのお問い合わせお申し込みは、電話番号0101-808-738-3000、またはファックス0101-808-738-3001へ。

*日本からそのままの番号をダイヤルしてください。*フリーダイヤルではありません。